元旅行会社員 りょうの旅日記

元旅行会社員が旅に関することやお出かけ情報を発信します!

【ルーマニア基本情報】2月に実際に行ってきた!英語は通じる?基本情報等まとめ

スポンサードリンク

f:id:chokotimtam:20190619124846j:plain

こんにちは!元旅行会社員のりょうです。

行ったことがある方も少ないであろう、ルーマニア

ルーマニアと聞いて何が思い浮かびますか?

 

・・・私は何のイメージもなかったです。(笑)

観光地も思いつかない、物価も治安も良く分からない、有名な食べ物等も特に・・というかどこにあるの?レベルでした。

 

ですが、なんかよく分からないところに行ってみたい!と思って、隣国ブルガリアとセットで行ってきました。

  • ルーマニアって何があるの?
  • 旅行先の候補でルーマニアってどうなの?
  • 何泊くらいいるの?
  • 治安は?物価は?英語通じる?

こんなことが気になる方におすすめの記事です!

※ちなみに私が行ったのは首都ブカレストのみです。

 

実際に行く前にも色々とルーマニア情報を調べたのですが、とにかく情報が少なかった・・・。

旅行会社や大きなサイトの情報が多く(もちろん大事ですが)ブロガーさんなどの旅行記が少なかったので、この記事が参考になれば幸いです♪

 

ルーマニアの場所

 まずどこにあるの?って思う方も多いはず。場所は下記です。

あまり馴染みのない国ということもあって、とても小さい国なのかと思っていたのですが、ヨーロッパ諸国の中でもかなり面積は大きめ。

 

首都はブカレストという場所。こちらです。

だいぶ南の方にあります。

このブカレストに滞在しました。

恐らくほとんどの方がこのブカレスト滞在になるかと思います。

 

そして私は自分で手配をして行ってきましたが、多くの旅行会社のプランではブルガリアとセット(周遊)になっている場合が多いようです。

私もそれを見て、ブルガリアとの周遊にしました。

ルーマニアの言語

公用語ルーマニア語です。

英語でもスペイン語でもドイツ語でもフランス語でもなく、ルーマニア語です。

私はこれではじめて、ルーマニア語が存在することを知りました。(笑)

 

英語が通じるレベルは・・・日本くらい?という感じでした。

 

ホテルや観光地らへんの人は結構分かってくれる。

街を歩いている人も若い人なら結構分かってくれるかも。

 

小さな商店やおばあちゃん、おじいちゃん世代は全然ダメ。

簡単な英語も通じません。

外国で英語が通じないところって結構久しぶりでした。

でも日本も結構こんな感じじゃないかなぁと思いました。

仕事で英語を普段使っている人はともかく、大半の日本人が英会話、できませんよね。

道で外国人に話しかけられて、スムーズに答えられる人の方が少ないんじゃないんでしょうか。

特におじいちゃん、おばあちゃん世代ならなおさら。

 

ルーマニアでは、観光地周辺でも、そのへんの人に話しかけたら全然英語を分かってくれなかったこともありました。

でもホテルや観光地の受付の人などは英語できたので、旅に支障はなかったです!

 

また、たまたまだったのかもしれませんが、私が出会ったルーマニアの人はそれほど英語が流暢ではない人が多く、ゆっくり話してくるため、逆に分かりやすかったです(笑)

ルーマニアの治安

個人的には全く問題なし。

いわゆる治安が悪い雰囲気(ホームレスがいたりとか)もなかったです。

(もしかしたらそういう場所を通らなかっただけかもしれませんが。)

 

ガイドブックに載っている観光地をいくつか巡りましたが、どうやらそもそも観光客がほとんどいないようでした。

行ったのが2月というオフシーズンということもあるかもしれませんが、それにしても現地の人しかいない。

そのおかげか、ヨーロッパにありがちの、観光客を狙ったスリとか詐欺とかが全然なかった。

スリ系の軽犯罪がない事を考えると、ヨーロッパの定番旅行先のフランスやスペイン等よりもずっと治安がいいかもしれない・・・

そして日本人含めアジア系の人が全くと言っていいほどいませんでした。

 

もの珍しいのか、すれ違う人々にやたら見られました(笑)

 

海外旅行が好きな方の中には、アジア系が多かったり、日本人が多いところは、海外に行った気がしなくて嫌!っていう人もいるかもしれません。

そういう人にとってはこのルーマニアはとってもいいと思いますよ♪

ルーマニアの通貨・物価

ルーマニアではルーマニア・レウという通貨が使われています。

1ルーマニアレウ=25円くらい。

 

物価はヨーロッパにしてはめちゃくちゃ安い!

ヨーロッパは日本よりも物価が高いと言われている中で、ルーマニアはむしろ日本よりちょっと安いくらいでした。

外食費だけは日本で外食に行く時とあまり変わらなかったのですが、その分量はすごく多かったので、内容にしてはやっぱり安かったです。

 

そして、よっぽど小さい店でない限りクレジットカードもほとんど使えます。

私達はルーマニアは1泊だけで、4人で1万円分(一人2500円)両替しました。

基本はカード払い、現金しかダメな所はこの1万円分から出そう!と決めていたのですが、ほとんど使いませんでした。

1回だけ出店のパン屋さんでパンを買った時に使ったくらい。

ルーマニアレウなんて余らせても困るので、クレジットカードをメインに使う方がいいと思います!

とはいえ、ブカレスト以外の田舎の方へ行く場合はこの限りじゃないかもしれないので、気をつけてくださいね。

 

ルーマニアレウへの両替はどこで?

私達は関空出発でしたが、関空ではルーマニアレウを取り扱っていませんでした。

どうやら調べたところ、日本ではルーマニアレウを取り扱っていないよう。。

 

現地で両替予定でしたが、日本円→ルーマニアレウに出来るかどうか不安だったので、1万円分だけユーロに両替して持っていきました。

 

ドバイで乗り継ぎだったので、ドバイでの両替所でもルーマニアレウへの両替ができるか念のため確認。

すると、取り扱っている両替所自体はあったのですが、「今日はもうルーマニアレウはなくなった」的なことを言われてしまいました・・・・。

そんなことあるの・・・

そしてドキドキしながらルーマニアブカレスト)に到着。

 

空港の両替所を何か所か見たところ、無事に1か所日本円→ルーマニアレウに両替できるところがあり、両替が完了しました!

 

両替所を見ていると、ほとんどの両替所でユーロ⇔ルーマニアレウの両替はできるようでしたが、やはり日本円⇔ルーマニアレウは出来ないところもあったので、ちょっとユーロを持っていた方が安心ですね。 

ルーマニアの気候

私が行った2月は日本の関西の冬とほぼ変わらないか、ちょっとルーマニアの方が寒いくらい。

雪は降っていませんでした。

日本の普通の冬服でちょうどいいくらいでしたが、地球の歩き方とかを見ていると、日中の平均最高気温は4度くらいのようで、私が行ったときは少し暖かめだったのかもしれません。

 

1年を通して日本と同じような四季があり、全体的に日本より少し涼しい、寒いくらいのようです。

 

ルーマニアのベストシーズンは?

ベストシーズンは4月~10月頃の暖かいシーズンだそうです。

隣国ブルガリアも同じ時期がベストシーズンであり、更にブルガリアでは6月にバラ祭りがあるようなので、セットで行く場合は6月がベストかと思います。

 

私達は安い時期に行きたかったので2月に行ってきました。

まぁ確かに寒かったですが、夏に行った方がよかったよね~ってなることもなかったです。 

ルーマニアへのアクセス

現在日本からの直行便はありません。

私はエミレーツ航空利用、ドバイ乗り継ぎで行きました。

 

逆に言えばドバイとの周遊プランも組みやすいですね♪

ルーマニアの観光地

首都ブカレストには、正直これと言って有名な観光地はありません。

ブカレストから郊外へ行くと大きいお城とか要塞とか、いわゆる観光地!って感じのところが結構あります。たとえば・・・

〇ブラン城・・・ドラキュラ城として有名

www.bran-castle.com

〇ペレシュ城・・なんだか超綺麗なお城

Muzeul Național Peleș – Castelul Peleș și Castelul Pelișor(公式HPに飛びます)

 

ただし日本人からすると、聞いたことがない観光地ばかりかと思います。

私も元から知ってた観光地は1つもありませんでした。

ルーマニアで有名なもの(?)としてはドラキュラ。

ドラキュラのモデルとなった人がルーマニアに居るそうで、これに関連する観光地などが有名なようです。

ただしドラキュラ関連の観光地は全てブカレスト郊外にあるため、1つの観光地につき1日まるまる時間がかかると思っておいた方がいいでしょう。

適当に泊数を決めると、行きたいと思っていたところに行けないかも・・・

ブカレスト(首都)の観光

私達は1泊だけだったので、ブカレストのみ観光してきました。

そのため郊外にあるような大きな観光地には一切行っていません。

 

そしてブカレストの観光だけでいいという人は1泊あれば十分です。

ブカレストだけでも教会がいくつかあったり、凱旋門があったり、超大きい国会議事堂があったりと、見る所自体は結構あるのですが、どれも所要時間5分程度(笑)

外観やその観光地の前で写真を撮って終わり・・というところが多いです。

教会もとても綺麗な造りだったりはするのですが、観光地というよりは実際にキリスト教徒がしっかり礼拝しているという感じのところが多く、中に入っていいのか分からないようなところが多かったです。あとどの教会も小さかったな。

 

1か所だけ「テルメブカレスト」というスパワールド的な所に行ってきたのですが、ここが一番時間を使ったし楽しかった(笑)

これはまた別記事で書きたいと思います!

ルーマニアのお土産

正直・・これ!といったお土産もありません。

というか、首都ブカレストでお土産屋さんを全然見ませんでした。

 

大体の海外旅行先には、THEお土産屋さんといったようなお店がありますよね。

マグカップとか、ぬいぐるみとか、キーホルダーや置物、お菓子、マグネット・・・・

こういうお店が全く見当たらないのです。

 

日本人観光客が少ないのではなく、他の国からの観光客もほぼ居ないのかもしれません。

実際、観光客っぽい人(カメラ持ってたりスーツケース持ってたり)を首都にも関わらず全然見かけませんでした。

もしかしたら他の海外諸国の観光客はブカレストではなく、ドラキュラ城とかの観光地がある方の街に居るのかなぁ?

いわゆるお土産屋さんも、もしかしたらそっちの方にはあるのかもしれませんね。

 

・・ということでルーマニアではスーパーでよく分からないお菓子をちょっと買ったくらいでした(笑)

実際ルーマニアに行く前に「ルーマニア お土産」で結構ググりましたが、コレといったものがなかったので、本当に特にないんだと思います。

お買い物好きには物足りないかもしれないですね

ルーマニアのおすすめ宿泊数/滞在方法

首都ブカレスト散策だけであれば1泊で十分です。

私は1泊でも持て余しかけました(笑)

 

郊外の大きな観光地に行く場合は、行きたい観光地数分、泊数を増やす必要があります。

多くの郊外の観光地が結構遠くにあり、丸1日かかる場合がほとんどのようなので・・。

 

といってもたくさん観光地があるわけではないので、1泊~3泊くらいで十分かと。

ルーマニアに行く際は、隣国ブルガリアとの周遊か、直行便がないので、経由地(私ならドバイ)との2か国以上の周遊プランがおすすめです。

正直ルーマニア1か国だけというのはもったいない気がします。

かなり遠く時間をかけて行った割には・・って感じがしてしまうと思います。

あと、ブルガリアもなかなか行くことがないであろう国なので、それもふまえて、ブルガリアとのセットがいいかなあと!

 

旅行社のツアーを見ていても、ルーマニアと隣国ブルガリアがセットになったものが多いです。

なかなかルーマニアだけじゃ売れないのかなぁ・・というのも分からんでもない感じでした。

 

でものんびりしていて、まだ観光地化されていない感じもよかったなあ。

今まで行った海外の中で一番観光地化されていない感じがしました。 

 

 

 

ということで、ルーマニアはちょっと変わったところに行きたい/定番のところに行きつくした方におすすめの国でした!!

 

まだまだ発展の余地がありそうなので、これからが楽しみの国でもあります♪