元旅行会社員 りょうの旅日記

元旅行会社員による旅ブログ。旅行に行く人の参考になれば嬉しいです。

【ルーマニア基本情報】2月に実際に行ってきた!気候、治安、物価などなど基本情報まとめ

スポンサードリンク

f:id:chokotimtam:20190619124846j:plain

こんにちは!元旅行会社員のりょうです。

行ったことがある方も少ないであろう、ルーマニア

ルーマニアと聞いて何が思い浮かびますか?

 

・・・私は何のイメージもなかったです。(笑)

観光地も思いつかない、物価も治安も良く分からない、有名な食べ物等も特に・・というかどこにあるの?レベルでした。

 

ですが、なんかよく分からないところに行ってみたい!と思って、隣国ブルガリアとセットで行ってきました。

 

  • ルーマニアって何があるの?
  • 旅行先の候補でルーマニアってどうなの?
  • 何泊くらいいるの?
  • 治安は?物価は?英語通じる?

 

こんなことが気になる方におすすめの記事です!

※ちなみに私が行ったのは首都ブカレストのみです。

 

 

ルーマニアの場所

 まずどこにあるの?って思う方も多いはず。場所は下記です。

あまり馴染みのない国ということもあって、ちっっっちゃい国なのかと思っていたのですが、ヨーロッパ諸国の中でもかなり面積は大きめ。

 

 

首都はブカレストという場所。こちらです。

だいぶ南の方にあります。

このブカレストに滞在しました。

恐らくほとんどの方がこのブカレスト滞在になるかと思います。

 

ルーマニアの言語

公用語ルーマニア語です。

英語が通じるレベルは・・・日本くらい?って感じでした。

 

ホテルや観光地らへんの人は結構分かる。

道端の人も若い人は結構分かってくれるかも。

 

小さな商店やおばあちゃん、おじいちゃん世代は全然ダメ。

簡単な英語も通じません。

 

日本人も結構こんな感じじゃないですか?

仕事で英語を使う人はさておき、一般レベルでいうと、お年寄りの方で英語が分かる方って少ないですよね。

 

観光地周辺でも、そのへんの人に話しかけたら全然英語分かってくれなかったこともありました。

でもホテルや観光地の受付の人などは英語できたので、旅に支障はなかったです。

 

ルーマニアの治安

全く問題なし。よかった。

そもそも観光客があまりいない国っぽい。

それもあってか、ヨーロッパにありがちの、観光客を狙ったスリとか詐欺とかが全然なかった。

 

そして日本人含めアジア系の人がぜんっっぜんいない。

それもあってか、すれ違う人々にめちゃくちゃジロジロ見られてスターになった気分。w

 

ちょっと暗い道とかは怖くて行っていないけど、人通りの多いところであれば夜も問題なし。

 

ルーマニアの通貨・物価

ルーマニア・レウという通貨。

1ルーマニアレウ=25円くらい。

 

物価はヨーロッパにしてはめちゃくちゃ安い!

ヨーロッパは日本よりも物価が高いと言われている中で、ルーマニアはむしろ日本よりちょっと安いくらいでした。

外食費は日本と同じくらい(でも量はかなり多い)で、スーパーなどの食料品やお菓子は日本よりちょっと安いくらいかな。

 

よっぽど小さい店でない限りクレジットカードもほとんど使えます。

私達はルーマニアは1泊だけで、4人で1万円分(一人2500円)両替しました。

基本はカード払い、現金しかダメな所はこの1万円分から出しましたが、ほとんど使いませんでした。

 

ルーマニアの気候

私が行った2月は日本の関西の冬とほぼ変わらないか、ちょっとルーマニアの方が寒いくらい。

雪は降ってませんでした。

日本の普通の冬服でokでしたが、地球の歩き方とかを見ていると、日中の平均最高気温は4度くらいのようで、私が行ったときは少し暖かめだったのかもしれません。

 

1年を通して日本と同じような四季があり、全体的に日本より少し涼しい、寒いくらいです。

 

ルーマニアへのアクセス

現在日本からの直行便はありません。

私はドバイ乗り継ぎで行きました。

 

ルーマニアの観光地

首都ブカレストには、正直これと言って有名な観光地はありません。。

ブカレストから郊外へ行くとでっかいお城とか要塞とか、いわゆる観光地!って感じのところが結構あります。

ただし日本人からすると、聞いたことがない観光地ばかりかと思います。

私も、元から知ってた観光地は1つもありませんでした。

 

有名なもの(?)としてはドラキュラ。

ドラキュラのモデルとなった人がルーマニアに居るそうで、これに関連する観光地などが有名です。

 

ルーマニアのお土産

正直・・これ!といったお土産もありません。

というか、首都ブカレストでお土産屋さんを全然見ませんでした。

 

大体旅行先に、the お土産屋さんといったようなお店がありますよね。

マグカップとか、ぬいぐるみとか、キーホルダーや置物、お菓子、マグネット・・・・

こういうお店が全く見当たらないのです。

 

日本人観光客が少ないのではなく、他の国からの観光客もほぼ居ないのかもしれません。

実際、観光客っぽい人(カメラ持ってたりスーツケース持ってたり)を首都にも関わらず見かけませんでした。

 

なのでルーマニアではスーパーでよく分からんお菓子をちょっと買ったくらい(笑)

 

ルーマニアのおすすめ宿泊数/滞在方法

首都ブカレスト散策だけであれば1泊で十分です。

私は1泊で持て余しかけました。

 

郊外の大きな観光地に行く場合は、行きたい観光地数分、泊数を増やす必要があります。

というのも多くの郊外の観光地が結構遠くにあり、丸1日かかる場合がほとんどのようです。

 

といってもたくさん観光地があるわけではないので、1泊~3泊くらいで十分かと。

ルーマニアに行く際は、隣国ブルガリアとの周遊か、直行便がないので、経由地(私ならドバイ)との2か国以上の周遊プランがおすすめです。

正直ルーマニア1か国だったらもたない気がします。w

 

旅行社のツアーを見ていても、ルーマニアと隣国ブルガリアがセットになったものが多いです。

 

 

1か国で行くなら正直ちょっと微妙かもしれません。

でものんびりしていて、まだ観光地化されていない感じもよかったなあ。

 

あと「テルメブカレスト」っていうスパプーみたいな施設がめっちゃ楽しかった。

これについては別記事で書こうと思います。

 

 

 

ルーマニアはちょっと変わったところに行きたい/定番のところに行きつくした方におすすめの国でした!!