元旅行会社員 りょうの旅日記

元旅行会社員が旅に関することやお出かけ情報を発信します!

余裕を持って空港に行こう!!当日は関空の「釜戸ごはん さち福や」で食べてからハワイへ出発!

スポンサードリンク

f:id:chokotimtam:20200708140112p:plain

前の記事>>ハワイ新婚旅行のお供は、ワードで手作りの旅のしおり!作り方と実物(例)を紹介

 

こんにちは!元旅行会社員のりょうです。

いよいよハワイ旅行へ出発!ということで、関空に着いた時のお話を。

 

その他ハワイの旅のスケジュールや流れはよかったらこちらをどうぞ★

>>【もくじ】ハワイ新婚旅行6泊8日間のスケジュール!(モデルプラン)本島のみのまったりハネムーン♪

 

旅行出発当日

ついに迎えたハワイ新婚旅行当日。フライトは関空20:45発のハワイアン航空です。

我が家から関空までは電車で片道約2時間。とにかく乗り遅れにはビビりまくっている私達は、15時頃に自宅を出ました(笑)

ちなみに・・国際線は出発の2時間前(今回の場合だと20:45発なので、18:45まで)に、空港に着くようにするのが目安です。国内線で1時間前くらい。

 

個人的には出発の2時間前でもちょっと不安なので、遅くとも2時間半前には着くようにしています。今回の旅行では出発約3時間前に到着しました。関空でもちょっとのんびりしたくって。

 

関空に向かう電車、とにかく遅延しないでと願いながらガタンゴトン。実はこんなに乗り遅れにビビっているのは過去の経験が・・・・

 

~~ここから話が逸れます。どうでもいい方は飛ばしてくださいね(笑)~~

 

・・あれは学生時代、カナダに留学していた頃。私が留学していたのはバンクーバー島という、バンクーバーの横らへんにある小さな離島でした。この島には国際線がないため、フェリーもしくは水上飛行機でバンクーバーまで行き、バンクーバーから国際線に乗る必要があります。

 

その日は友達とアメリカへ旅行をする日。

バンクーバー島からバンクーバーまでは、フェリーだと2時間+バス1時間。水上飛行機だと20分。普段はフェリーを使ってバンクーバーに行きますが、今回の旅行は贅沢して水上飛行機を使うことにしていました。

 

その時のスケジュールはこんな感じの予定でした。(はっきり覚えてませんが、大体これくらいの時間でした)

 

09:00 起床 準備、パッキング

11:00 自宅発

11:30 水上飛行機発

12:00 バンクーバー

14:15 バンクーバー発の国際線へ乗り継ぎ

 

うん。完璧なスケジュールです。そう思っていました。

 

そんな当日の朝・・・ちょっとお天気が悪めだなぁと外を眺めていた頃、一緒に行く友人から電話。

「天候不良で水上飛行機が欠航になった!!今から超急いでフェリー乗ったら間に合うかも!10:00のフェリー乗ろ!」

その電話があったのは9時過ぎ。私は寝起き、パッキング一切していない、フェリー乗り場までは車で10分くらい(でも車は持っていない)。

 

うわあああああ!と身支度は着替えと歯磨きだけで5分で済まし、髪はボサボサのすっぴん。パッキングは「ええい、足らんもんは現地購入や!」と思い、パスポートとクレジットカードだけは間違いなくかばんに入れ、後はクローゼットの服を適当に手に取りスーツケースに突っ込む。そしてパッキングは5分で終了。

 

当時ホストファミリーの家にお世話になっていた私は、事情を説明し、フェリー乗り場まで車で送ってもらえないか聞こうとしたが・・・そうだ、今日は両親共に仕事。車がない・・!

 

フェリー乗り場までのバスは1時間に1本のみ。これも運悪くバスが行ってしまったところなので間に合わない。

 

ここで留学生活初のタクシーを呼ぶことに。しかし当時は留学し始めてすぐで、まだ英語も拙い。英語で電話もはじめて。タクシー会社に電話して、「家まで来てほしい、行き先はフェリー乗り場」と伝えたが本当に伝わっただろうか。10分後に行くと言われたが本当に来るのだろうか。とドキドキしながら待ち・・・20分後に来た。(遅いよ~!)

 

それからフェリー乗り場にはなんとか9:50頃に到着。ふぅ、と安堵したのも束の間、まさかのフェリーも悪天候で大幅遅延。

 

悪天候といってもちょっと雨風強いなーくらい。ただフェリーとか水上飛行機のような乗り物は天候の影響を受けやすく、すぐに欠航や遅延になってしまう。ここで「国際線も遅延してくれれば間に合うのでは?!」と思って調べるも、国際線は通常運行。うわーん。

 

どうしようもないのでフェリーの運行を待っていると天候が回復し、1時間遅れで出発。しかしここからが勝負・・・!!

 

バンクーバー港に着いたのは13時頃。飛行機の出発は14時半。既に出発2時間前を切っている。そしてバンクーバー港から国際線空港まではバスで1時間ほど。これはヤバいと思い、バスではなくタクシーを捕まえ、タクシーの運転手さんに事情を説明、ぶっ飛ばしてもらい、13時45分に空港着。

 

空港でも全力で走って荷物検査のところに行くと長蛇の列が・・!これに並んでいたら間に合わない。並んでいる人に事情を説明し順番を譲ってもらう。(拙い英語でアワアワ説明していたら、優しいおばさんが「この子達14時半のフライトだから先行かせてあげてー!」と大きな声で前の人達に伝えてくれた。ありがとう・・!!!)

そんなこんなで荷物検査をドカドカ進んで行くが、その様子を遠くから見ていた検査の人に怪しまれる・・。(アイツらなんであんなに順番抜かし??という感じ)で、普通に荷物検査が始まったものの、友人の1人が検査官に何か色々聞かれ。でも英語が聞き取れなくて、「???」となりつつも、「とにかく私達急いでるのー!」と切り上げようとすると、その子、完全に怪しまれ別室へ(笑)

 

私ともう1人の友達は特に何も聞かれず荷物検査はクリア。友達はどこに連れて行かれたか分からないので、私達が事情説明をしに行くわけにも行かず、10分程待っていると・・・半泣きの友達がやってきました。

 

検査官の質問を無視し(英語が分からなかっただけだけど)、無理やり荷物検査を通ろうとしたので、「こいつ何かクスリとか持っているのでは?」と疑われたようで。別室では怖いおじさんに囲まれ、無理やり荷物を開けられ、まじで警察にでも連れて行かれそうな感じだったそうです。無事に帰されてよかった・・・。

 

そこから搭乗ゲートへ走るもこの時点で出発10分前。あれ、搭乗受付終わってるんじゃ・・・?と思いながら行くと、ゲート前にはたくさんの人が。出発5分前というのに、搭乗受付が始まっていない・・・??ん・・・?と思った矢先、「20分遅延です」とのアナウンスが。無事なんとか間に合ったのでした。

 

後にも先にもこんなに常に走り、ギリギリだった旅行はありません。笑

こんなに適当にパッキングをしたのもはじめて。そしてこれからは、必ずめちゃくちゃ余裕を持って自宅を出る・・・・と心に決めたのでした・・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

すみません、話の脱線が長すぎましたね。。

とまぁこんな感じで、空港には早く着くようにしているのでした。

 

今回は問題なくスムーズに関空に到着。でも案外カウンターが混んでいて時間がかかりました。本当は関空内をブラブラしてラウンジも行って・・とやりたかったのですが、急いでご飯を食べるだけになっちゃいました。ご飯は、日本を出る前に日本食を食べたい!と思い、日本食やさんを探し、「さち福や」というところに行ってきました!

 

関空のさち福やで出発前の腹ごしらえ!

関空の第1ターミナル3F、セキュリティチェックの前にあります。

www.kansai-airport.or.jp

営業時間は11:00~22:00。

夜のフライトの出発前にちょうどいいです。

 

メニューは色々あって、おひつごはん系や魚の定食、トンカツやチキン南蛮など、何かしらは気にいるものがあると思います。

ただ私達が行った時間(18:30頃)で、既にサーモンが売り切れだったようで、サーモンを使うもの(特におひつごはん系)は注文できませんでした。遅い時間に行く人は、ちょっと注意した方がいいかもしれません。

 

値段は若干高めの1,000円~1500円くらい。ですが量も多くてがっつりいただけました。

朝は朝食バイキングもやっているようで、朝帰り、日本食が恋しくなった際にもおすすめです!

 

私達が乗る予定のハワイアン航空機内食はあるのですが、寝てしまって食べられないかもしれないし、美味しくなかったらなぁ・・という心配もあって、がっつり食べて行ったのでした★

 

釜戸ごはん さち福や

場所:関空第1ターミナル3F セキュリティチェック前

営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:15)

電話番号:072-456-6603

座席数:70席

クレジットカード利用:可

 

 

そしてこの後は、ウキウキワクワクしながら飛行機に乗るのでした・・!

 

 

>>ハワイ新婚旅行6泊8日のもくじ(モデルプラン)はこちらから

www.travelryo.com