元旅行会社員 りょうの旅日記

元旅行会社員による、旅に関すること

誰でも簡単に出来る、海外旅行に安く行くための3つの方法★旅行内容によっては数万円単位安くなる!1つでもいいから実践あるのみ!

スポンサードリンク

f:id:chokotimtam:20190616152858j:plain

こんにちは、りょうです。

この記事に辿り着いたあなたは、とにかく旅行に安く行きたい人ですね!!

 

この記事では、元旅行会社員の私が、

このお客さん、〇〇だったらもっと安かったのに・・。

とか

自分だったら〇〇するのに・・。

とか

旅行会社員時代に思った、安くする方法を記載します!!

 

できるものから実践してみてくださいね★

 

 

1.間際セールなんてほぼ奇跡!とにかく早い方が安い!

タイトルの通りですが、海外旅行は早いが勝ち!です。

「セール」と名のついた特集ページですが、それほど安くありません。

通常よりは確かに少し安いかもしれませんが、それでも早くに予約した方がもっと安いことが多いです。

 

なぜかというと、海外の航空券の仕組みが深く関わってくるんです。

 

海外の航空券の料金形態ってとっても複雑で、新入社員が毎年「???」と頭を抱える部分でもあります。(笑)

少しややこしい話になるので、面倒な方は読み飛ばしてください(笑)↓

 

たとえばですが、日本→韓国の航空券を見てみましょう。

あくまで例ですが、下記のようなスペックだったとします。

 

<〇〇航空 日本→韓国直行便>

エコノミー100席、ビジネス50席の全150席

 

多くの方は、エコノミーは1万円、ビジネスは5万円、という風な料金形態だと思うかもしれません。

しかし、実はエコノミーやビジネスの中でも料金差があります。

 

これもたとえばですが、こんな感じ。

エコノミーA席50席:10000円

エコノミーB席30席:20000円

エコノミーC席10席:30000円

エコノミーD席6席:40000円

エコノミーE席4席:50000円

--------------------------------------

エコノミー合計100席

 

ビジネスA席40席:50000円

ビジネスB席6席:60000円

ビジネスC席4席:70000円

------------------------------------

ビジネス合計50席

 

で、料金差の分何が違うの?と思うかもしれませんが、何も違いません。

全く同じエコノミーの席で、料金だけが異なります。

 

となると、エコノミーの場合、1番安いエコノミーA席から売れていきますよね。

A席が売れて席数が減っていくと次は2万円のB席が売れていきます。

このように、海外の飛行機の席は、席数が埋まっていけばいくほど高くなっていきます。

 

今回は例ですが、こんな風に料金帯が大体20以上分かれています。

 

年末年始やお盆、GWの時期なんて、予約解禁とほぼ同時に取らないと一番安い席なんて取れないこともしばしば。

そのため、早い方が安い航空券が取れるというわけなんです。

 

なので、旅行の日程が決まればとにかくすぐに予約しましょう。

旅行代理店に頼む場合、よっぽど出発間際の予約でない限り、予約金の支払いは予約後1週間程度と少し猶予がありますし、キャンセルした場合、予約金が帰ってくる場合もほとんどです。

 

とにかく早く!暫定でもいいのでどこか抑えましょう!!

 

2.とにかく比較!時間があるなら何社かに見積を取ろう

旅行代金は旅行会社によって大きく値段が異なります。

可能であれば何社かに見積を取りましょう。

 

ちなみになぜ旅行会社毎に料金が違うのか?というところですが、シンプルに下記2つです。

家電量販店などであれば、皆さん他社比較もするし、安いお店を見つければラッキー♪で済むのに、なんで旅行会社になったら安いお店=怪しいになってしまうのか、、。

(旅行会社倒産のニュースなどの影響は大きいですね)

 

旅行会社も家電量販店と同じ。

仕入れ価格や、そのお店の利益率が違うだけで、安い=怪しいわけではありませんよ!

 

ただし安い会社だと下記はありえます。

  • ・店舗がない(メールや電話でしか問い合わせができない)
  • ・郵送物がなく、全てメール添付ファイルでの案内

 

これは人件費、郵送物の費用、紙などの備品の費用を削っている分、低利益でお客さんに旅行商品を提供できるようにとしている企業努力なんです。

安いから怪しい。

メールしかないから怪しい。

店舗がないから怪しい。

 

と、疑いはじめたらキリがないので、あまり疑いすぎないように・・・・

これが心配な方は、ある程度名前の知ってる旅行会社の中だけで見積を取るといいでしょう。

 

なお、見積りを取ってもらうときは、比較しやすいよう、できるだけ全く同じ内容で見積をしてもらってくださいね。

 

また、何社も周るのはめんどくさい!そんな方にはこちらのタウンライフ旅さがしという一括見積サイトがおすすめです。

 

メール返事希望をすることもできるので、ぱぱっと見積を送ってもらって、比較してみましょう。

ちなみに旅行会社によってはメールの文面もいろいろ!

親しみやすいフランクなメールの人から、ガチガチのビジネスメール風の人など、自分に合った担当者のタイプで決めるのもいいかもしれませんね。

 

3.実は旅行会社も値切り可能!家電量販店並みに値切れ!

2で複数店舗から見積もりを取っている場合は特に、値切れる可能性アップです!

私が居た旅行会社でも値切ってくる方、結構いらっしゃいました。

 

ただし何も条件なく、安くしてほしいという方はお断りしていました。

私が値引対応していたのは下記です。

 

  • 同じ/ほぼ似た条件のツアーで他社の方が安い場合
  • 安いAツアーと高いBツアーで迷ってて、あと〇〇円安くなったらBツアーにするのに・・といったような場合

 

なので、他社で取った安い見積があれば、これより安くならないか一度聞いてみましょう。

また私の場合の値切る条件はこれでしたが、当てはまらなくてもとりあえず聞いてみる価値はあり(笑)

 

あと、値切ってもらったら全力でお礼をいうこと!!(笑)

家電量販店と違い、旅行の場合は、旅行を契約したら旅行に行くまで、その担当者とのお付き合いになります。

旅行会社員も人ですから、やっぱりいいお客さんにはよくしてあげようという気持ちが働きます。

 

めちゃくちゃ上から目線で値切られ、3万くらい値引をした見積を見せたとき「ま、これくらいなら契約してやってもいいけど?」という方は、口には出せませんが心の中では「いや、テメーみたいなやつの契約いらねーわ」と思ってました。笑

 

逆に端数の500円くらいだけ引いてあげた学生さんが、わーー!!やったー!これでランチ1回分ただー♪ありがとうございますー!って喜んでくれた子には、何この子かわいい・・・!!他のオプショナルツアーも端数くらいなら値引いてあげる・・!!!!ってなっていました。

 

代理店に行くときは、愛想よくしてるといいことある・・かも?

 

番外編:GWや年末年始は、出発1週間~2週間前に激安ツアーが出るかも?!

 

とにかく早く予約すること!!と書いた上でこれを書くのはどうかと思ったのですが、、連休時に限って、超間際で激安ツアーが販売されることがあります。

 

これはどういうことかというと、①でご説明した通り、早い方が安い航空券を手に入れることができ、安くなるのが一般的です。

しかし、大型連休時期に限っては、旅行会社が大量に買い取っている席があります。

 

たとえば韓国行き直行便30席!という風に。

で、買い取ってしまっているので、旅行会社としては何としても売り切らなければなりません。

 

そのため、出発ギリギリになっても売れ残ってしまった席を売り出すべく、赤字でツアーを掲載することがあります。これが狙い目★

 

しかしながらデメリットも。

  • 大型連休以外は狙いにくい。

大型連休以外は、旅行会社もそれほど多くの席を買い取ることがありません。

そのため、売れ残りが発生することもほぼありません。

 

  • 数か国周遊や、マイナーな場所のセールが出ることは基本ない。

多くの人が行くであろう旅行先の航空券を買い取っているため、マイナーな場所や、ヨーロッパ周遊などアレンジが効いた行程のものは滅多に出ません。

 

  • 行きたいところに行けるとは限らない

大型連休1週間~2週間前。売れ残りでも、そもそも空いているのが奇跡レベルです。

私が居た旅行会社では、1、2か国くらいは売れ残りがありましたが、その程度。

日程もここ!とピンポイントで決まっています。

そのため、予算〇〇以内で~、街歩きが出来て~、直行便が良くて~、とか条件なんて言ってられません。

空いてたところに行く。そんな感じになります。

 

  • 安いとはいっても時期が時期なので高い

激安ツアーが出るとは言っていますが、あくまでも大型連休にしては激安ということ。

普通のド平日の安い日と比べると高いです。

なので、平日に旅行出来る方は絶対平日に行ったほうがいいです。

 

  • 最悪の場合、どこにも行けない

大型連休の1週間~2週間前から動き出すわけで。

売れ残りが全くなかった場合/あったけど日程が合わない、予算が合わない、そんな場合。

それからはどれだけ探してももうありません。

キャンセル待ちなんて期待ゼロレベルです。

 

 

この大型連休のセールを狙うのにおすすめの人は

  • どこに行っても楽しめる!2回目のところでもオッケー!
  • 大型連休内であれば日程どこでもオッケー!
  • 最悪どこも行けなくなってもオッケー!その時は家でのんびり★

こんな方向けです!

 

海外旅行を安くする技は、誰でもできるので、1つずつ試していこう!

  • 早く申し込む
  • 他社比較する
  • 値切る
  • イチかバチかの大型連休セールにかける

 

たったこれだけ♪

出発ギリギリに他社比較をせず、値切らず慌てて申し込むのと比べると、数万円の差は出ます!!

 

ぜひ試してみてくださいね!