元旅行会社員 りょうの旅日記

元旅行会社員による旅ブログ。旅行に行く人の参考になれば嬉しいです。

【くじらの博物館】に行ってきた!アクセス方法などまとめ

f:id:chokotimtam:20190401131401p:plain

 

こんにちは、りょうです。

 

先日串本(和歌山)の大江戸温泉に行ってまいりました。

その際に一緒にこちらのくじらの博物館に行ってきました。

女子4人旅、我々は誰も車の運転ができません。。

 

大体こういう和歌山とか温泉地って

車で行かないと観光しにくいですよね。。

 

そんな同じような思いで観光をされる方に参考になれば幸いです。

 

 

くじらの博物館とは??

 

まずくじらの博物館とは。

正式名称は太地町立くじらの博物館です。

公式HP:http://www.kujirakan.jp/

 

博物館とありますが水族館のイメージで行ってもらって大丈夫です。

名前の通りくじらがメイン、イルカもいます。

数はそう多くないですが、おさかなの展示もあります。

 

営業時間は08:30-17:00。

なんと公式HPには年中無休と記載があります。まじですか・・すげえ

年末年始もやるんでしょうか。

 

入場料は大人1500円、小中学生800円です。

公式HPに一人100円の入場割引券があり、スマホの画面見せるだけでOKです。

小さい額ですが画面見せるだけでいいのでぜひ利用しましょう!

 

 

 アクセス(車以外)

 

まず場所はこちら。

 

最寄り駅は太地駅というところで

ここから歩くと30分程度かかります。

循環バスが出ているのでそれに乗っていただく形になります。(100円)

 

私は大江戸温泉がある串本駅からスタート。

串本からは太地までは電車で30分だったのですが、、

 

2に着いて絶望、電車行ったところで1時間半くらい来ない。

 

こんなに電車の本数少ないのか、、と途方に暮れました。

1時間に1本くらいしかないので、必ず事前に時間は調べておきましょう。

 

私たちは1時間半は待てないということで串本からタクシーで行きました。

タクシーでも所要時間はほぼ変わらずおおよそ30分、8000円くらい。

4人だったので一人2000円、まぁ仕方ないかということで。

ちなみにタクシーだったので、太地駅ではなく、そのままくじらの博物館まで行ってもらいました。

 

 

帰りは循環バスに乗って帰りました。

時刻表はくじらの博物館入ってすぐのところにあります。

こんな感じでした(2019年3月時点)

 

f:id:chokotimtam:20190401124612j:plain

バスも本数少ないです。合わせて電車も少ないですが、

特急などに乗る人は、特急の時間も書いてくれているので便利です。

 

くじらの博物館入ってすぐのところにあるので、必ずチェックしてから中を見ましょう!

 

バス停はくじらの博物館を出てすぐの所にあります。

 

そして循環バスはどこにも値段が書いてなかったので

もしかして無料?と思ったのですが、100円でした。

バスを乗ってすぐの所に書いてありました。先払いです。

両替できますが万札とかは出来るか見ていなかったので、小銭の準備をしておきましょう。

 

 

くじらの博物館の感想 

 

結構小さい施設なので、1時間~2時間くらいももたないんじゃないの?

と思ったのですが、12時頃に到着、15時発のバスで出発した私たちは時間ぎりぎりでした。

というより博物館のほうはほとんど見る時間がありませんでした。

意外と見どころがたくさんあります。

 

ちなみにわたしたちは着いてすぐにくじらショーを見て、

ビーチでのふれあい体験(これはくじらちゃんのご機嫌ななめで不催行に)、

イルカショー見る→くじらの餌やり→昼ごはん→ちょっと売店見る→水族館ゾーン見る

 

こんな感じで3時間ほど過ごしました。

 

イルカショーはプールで行われるのですが、

クジラショーは自然の海(いけすみたいになっている)部分で行われて、珍しいです。

 

 

また、これも公式hpに記載がありますが、

私たちがやった餌やりや、今回できなかったビーチでのふれあい体験など

色々プログラムがあるので、子供も大人も楽しめます!

 

★ふれあいプログラム一覧

http://www.kujirakan.jp/experience/index.html

 

なお、ふれあいスイムは事前予約が必要なのでご注意を!

 

 

私たちがやろうとしたビーチでのふれあい体験は

実際にビーチに入って触れ合うのですが、

水に濡れないツナギのような服を、普通の服の上から着るので、水着などは不要です。

上から着るだけで着替えも楽なのでお勧めです!

 

と言いながら私たちは、着替えまで終わった後、

くじらちゃんのご機嫌が悪く、ちょっと危ないということで

結局体験はできず、返金になってしまいました。。次回チャレンジしようと思います!

 

 

 

そのあとは水族館エリアをさーっと見ました。

こちらは正直特別珍しさはなかったですが、あとから公式hpを見たところ

スジイルカに出会えるのは世界でここだけのようです。

そんなすごい見どころ、気づかなかった・・・・

 

 

博物館エリアにはくじらの骨の標本などが置いてあるそうですが、

こちらを見る時間はありませんでした。

 

 

その他、ロッカーもあります。200円でした(やすい)

 

 

お食事

 

ご飯を食べるところは施設内にありません。

なのでいったん外に出る必要があります(再入場できます)。

 

近くにはちょっとおしゃれな感じのカフェ(パン屋さん)と

レトロな感じの食堂?というんでしょうか。カレーとかかつ丼とかありました。

くじら定食もありました。食べられます。

見たあとに食べるのちょっとかわいそうな気もしちゃいますがね。。

 

 

この2件しか見当たらなかったので、しっかりお昼を食べるとしたら食堂に行くしかありません。

ここに行くのがうーん、、という人はお昼はどこかで食べてから来るか、

終わってからどこかに移動して食べるようにしましょう。

 

 

まとめ

 

串本とか白浜のほうに行くと

どうしてもアドベンチャーワールドに行ってしまいがちなのですが

こちらのくじらの博物館は穴場スポット的な感じで、これはこれでよかったです。

 

春休み中の日曜日でしたがそれほど人も多くなく、

かと言ってガラガラでもないので程よい活気があり

とても周りやすく、人が多いところが嫌っていう方にもおすすめです。

ちっちゃいお子さんと来ているファミリー層がとても多かったです。

 

 

串本に来る機会があればぜひ行ってみてください♪