元旅行会社員 りょうの旅日記

元旅行会社員による、旅に関すること

【エアーズロック】定番の登山オプショナルツアーに参加!おすすめの行程や、登山催行中止の際の流れなど体験記

f:id:chokotimtam:20190612153826j:plain

みなさんこんにちは、りょうです。

今回はもうすぐ登山催行が禁止になる、エアーズロックの登山ツアーに参加した際のレポートです。

 

きっと最後のチャンスで、これから行く方も多いはず。

  • 登山禁止になるから行くか迷っている、実際どんな感じなの?
  • エアーズロックって何泊くらいするのがいいの?
  • もう予約したけど、注意事項や持ち物は?
  • 登山の催行がなかった時は何をするの?

上記のような方たちにおすすめのツアーです!

 

 

エアーズロック登山の前に!登山が出来なくなるのはいつから?

エアーズロックの登山が禁止になるのはご存知でしたか?

実はもうすぐに迫っています。

具体的には、2019年10月26日以降は登山禁止になります。

 

個人的には登らずとも十分楽しめると思っているエアーズロックですが、それでもどうしても登りたいという方は急いで予約してくださいね。

 

特に今年は9月後半~11月頭は、オーストラリア路線の飛行機がめちゃくちゃ混みあいます。

というのも、日本でラグビーワールドカップがあるから。

 

オーストラリアはラグビーが好きな方も多く、日本に訪れるオーストラリア人で混み合います。ご注意を!

 

参加したエアーズロック登山のオプショナルツア―

実際は参加したパッケージツアーに含まれていましたが、全く同じ催行会社、同じ内容のオプショナルツアーがベルトラにありました。

 

カタジュタとウルル サンセットツアー&ウルル サンライズと麓めぐりツアー★ウルル登頂あり※<空港送迎付/日本語/2日間> | エアーズロックの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

 

催行会社はAAT KINGSという会社。

エアーズロックの日本人向けのオプショナルツアーは、このAAT KINGSが牛耳っています。

そのため、もともとパッケージツアーに組み込みのエアーズロックのツアーも、ほとんどこのAAT KINGSに委託しているはずなので、皆さんこのツアーに参加になると思います。

 

たとえばJTBで申し込んだ!という人も、HISで申し込んだ!という人も、エアーズロック登山部分は、同じツアーに参加になります。

 

ちなみに登山禁止後もふもと巡りが楽しめるので、同じツアーに申し込めますよ。

 

参加したエアーズロック登山ツアーの流れ

1日目

  • カタジュタ/ウォルパ散策
  • ウルルサンセット鑑賞

2日目

 

こんな感じで、主に4つの観光が含まれています。

1つずつ見て行きましょう。

 

ちなみに全編にわたって日本語ガイド付きです。

他の旅行会社さんからの参加、オプションだけ予約の方、様々でした。

ツアー参加者は20~30人くらい居たと思います。

 

エアーズロック到着日の夕方からツアー開始!

ホテルまでツアーバスが迎えにきてくれます。

 

カタジュタ・ウォルパ散策

f:id:chokotimtam:20190612173811j:plain

まずはバスに乗ってカタジュタの展望台へ。↑の画像のような景色が見られます。

ここは時間がない場合飛ばすことがあるようですが、旅行会社員時代、このツアーに参加して、ここの行程を飛ばしたというお客様はほぼ聞いたことがありません。

そのため、基本は行くと思ってもらって大丈夫かと思います。

 

ちなみに、目的はエアーズロック(ウルル)なんやけど、、カタジュタってなんなん?という方。

 

カタジュタは、エアーズロック(ウルル)と同じく、ウルルカタジュタ公園内にあり、エアーズロックに行ったらほぼ確実に一緒に行く場所です。

 

詳細はこちらのビーンさんという方のブログがとっても分かりやすいです★

superfunaustralia.com

 

 

展望台を見終わったら再度バスに乗り込み、カタジュタに近づきます。

カタジュタに到着したら、カタジュタの「ウォルパ渓谷」というところを散策します!

 

こちらが近くから見たカタジュタ。

f:id:chokotimtam:20190612175255j:plain

山と山の間、少し空いてるのが分かりますでしょうか?

この間を縫って歩くのがウォルパ渓谷の散策です!

 

奥の方に小さく人が映っているのを見ると、スケールの大きさが分かるかも・・・!

f:id:chokotimtam:20190612175406j:plain

風の通り道と言われ、心地よい風が吹いています。

途中までガイドさんと歩き、このカタジュタっていうのがなんなのかなど、色々説明してくれます。

途中からは好きに自分で歩き回ってok。

このカタジュタ散策自体の所要時間は1時間程度ですが、疲れた方は先にバスに戻っちゃっても大丈夫です。

 

とは言っても、アップダウンも大してないですし、そこまで疲れないと思います。

まっすぐ一本道なので迷う心配もありません。

 

帰りは逆光です。これはこれで綺麗な空が撮れた♪

f:id:chokotimtam:20190612175653j:plain

 

バスに戻ってくるとツアー会社の人がバス前で、つめったいお茶とおしぼりを用意してくれているのでさっぱり。

お茶はペットボトルではなく、ジャグにお茶が入っており、紙コップで飲む感じです。

散策中は必ず自分で飲み物を持って行って飲んでくださいね。

 

ウルルサンセットツアー

次はウルルが見える場所へ移動。

写真でよく見るウルルの景色は、恐らくここから撮ったものだと思います。

 

ウルルの後ろにサンセットが沈んでいく姿を見ることができます。

ここでは、ちょっとしたカナッペ、クラッカー、クッキー、ポッキーみたいなやつ等の軽食と、スパークリングワインやソフトドリンクが置いてあり、好きに食べながらみんなでわいわいサンセットを見ます。

 

これが定番のスパークリングワインに映る逆さウルル!

f:id:chokotimtam:20190612180137j:plain

 

上記は一緒に行った友人が撮ったものです。

私はお酒がダメなので、ジンジャーエールでやってみましたが、どうやらシャンパンじゃないと映らないようです(笑)

 

大体40分くらいここで過ごして、各ホテルへ送迎。1日目終了です。

ホテルについてもやることがなく、ご飯を食べに行くくらいなので、せっかくならこの後に星空観察&BBQディナーをセットで申し込んだ方が良いかと思います。

 

これに参加する方は、催行会社が同じなので、このままBBQ会場へ移動できます。

参加しない方はホテルへお送り。

BBQディナー参加レポはまた別記事で書きますね。

 

ウルルサンライズ

※通常は翌朝に参加ですが、私たちは翌日に別途キングスキャニオンのオプショナルツアーに参加していたので、更にその翌日にこのツアーの続きを入れました。

 

サンライズを見に行くツアーなので、もちろん!朝めちゃくちゃ早いです。

太陽が出る前にホテルを出るので、時期にもよりますが、4時台にホテル出発。

 

前のウルルサンセットとは違った会場へ。

ここではコーヒーや紅茶、クッキー等の軽食が用意されています。

 

ちなみに私たちはまさかの雨!!(笑)

小雨でしたがドン曇りで、サンライズは見れず、、ちーん。

 

ウルル登山&ふもと巡り

そしてウルルに近づいていきます。バスから外を見ると大雨です。涙

絶対登れないですが、ガイドさんは「いやぁ~~どうでしょうねえ~~」と。(もちろんジョークですよ!バス内の空気は和やかでした^^)

 

と、言いつつウルルまで到着!

見よ!!!!!この曇りっぷり!!! 

f:id:chokotimtam:20190612181602j:plain

なんも見えねえよおおおおおおおおおおおおお

てっぺんどこだよおおおおおおおふざけんなあああああああ

 

とかなんとか言ってた10分後↓

f:id:chokotimtam:20190612181757j:plain

ピーカン晴れ。雲どこいってん。

ウルルの天気情緒不安定なの?

 

到着後はまず、みんなでウルル登山の催行有無を確認しに行きます。

こんな感じで看板が置いてあるので、これを見て確認。

ガイドさんたちも実際に行って、この看板を目視しないと催行有無は分からないようです。

 

実際の看板がこちら。

f:id:chokotimtam:20190612182017j:plain

でかでかと[NO ENTRY]の文字。

こう書いてある日は登山は出来ないので、全員巡りのふもと巡りの方に参加になります。

 

また、いろんな国の言葉でウルルに登らないでほしいという先住民の思いが書いてありました。

f:id:chokotimtam:20190612182233j:plain

日本人が一番登るようで、日本語が一番初めに書かれています。

 

また、ウルルの登山催行中止になる理由一覧がここに書いてあります。

f:id:chokotimtam:20190612182238j:plain

私達は、「岩に雲がかかっている」、「岩肌がぬれている」でアウトでした。

雨が降っていなくても、降った直後で濡れていてもだめです。

また、現地が夏の時期は高温が理由でほぼ登れません。

年間を通しての登山催行率は4割程度です。

 

ちなみに登れる日は、登山組とふもと巡り組に分かれます。

登山組は途中からふもと巡り組の方と合流します。

ガイドはふもと巡りの方についていくため、登山する方は自分で勝手に行って、〇〇時にはここに戻ってきてください。という形になるそうです。

というのも、ガイドは先住民の「登らないでほしい」の意思を尊重しているようで、行かないそうです。

 

もし登るなら下記のような道を上ります。

f:id:chokotimtam:20190612182739j:plain

真ん中に銀っぽいのがあるの見えますか?

これは鎖が刺さってあって、この鎖を持って登ります。

決してハイキングみたいな感じではなく、岩肌を上るという感じです。

 

元々わたしも登らない方がいいものと聞いていたので、行く前から登れなくてもいいやという気持ち派でした。

登山催行があったら、、その時考えようと思ってましたが、現地に行ってガイドさんの色々説明を聞いているうちに、そしてウルルの前にある看板を見て、登らないでおこうという気持ちが大きくなりました。

あと、単純にこの鎖を見て、「あっ、、こういう感じね・・」と思いました。(笑)

景色を楽しみながらハイキングって感じでもないし、ガイドも来ないから本当に黙々と登るだけだし、ただ達成感だけはあるかもしれないけど、ふもと巡りの方が楽しそうだなあという気持ちになりました。

 

実際まだ登山禁止されているわけではありませんし、マナーを守って、先住民の気持ちを汲み取って登るのであればいいと思いますが、、、なんだか個人的には、これだけ現地で登らないでって言われ続けて登るのってどうなの、、と思っちゃいました。

否定してるわけじゃないよ。

 

そんなこんなでふもと巡りへgo!

ウルルふもと巡りは散策路がいくつかあるのですが、ツアーでは「マラウォーク」→「ウルル・カタジュタカルチャーセンター」→「クニヤウォーク」の順で周ります!

 

道は綺麗に塗装されているので歩きやすいです。アップダウンもなし。

f:id:chokotimtam:20190612183513j:plain

 

ガイドさんの話を聞きながら、他の参加の人たちと一緒にわいわいハイキング。

ところどころにこういった壁画もあって、ガイドさんが開設してくれます。

f:id:chokotimtam:20190612183602j:plain

 

こんな近くでエアーズロックを見ることなんて今後あるんだろうか・・

f:id:chokotimtam:20190612183659j:plain

 

ここは昔こういった儀式で使われていて、、

ここは女の人は禁制で、、などなど

エアーズロックってただの自然が作り出した岩だと思ってましたが、歴史や色々と意味があるものなんだなあ~と感心。

 

ウルル・カタジュタカルチャーセンターの写真はありませんが、(全然残ってなかった、、写真禁止だったのかも・・覚えてないや)いわゆる博物館?のようなところで、展示物があったり、歴史に関する資料が置いてあります。

 

全て終了後、ホテルへお送り。

サンライズの時間によってツアー開始時間が異なるので、終了時間も時期によって異なりますが、午前中には終了します。

 

エアーズロックの滞在スケジュールおすすめ

エアーズロックでは、基本はこのツアーに行くくらいで、他に行くところがほぼありません。

そのため、1泊でも十分です。

 

私のお客さんは、ほとんどが下記3パターンのどれかで行っていました。

おすすめは①か③だけど、実際お客さんは②が圧倒的に多かったんだよなああ・・

 

エアーズロック1泊 

登れなくても全然ok!そしてウルル以外は興味ない人向け。

-------------------------------

1日目

エアーズロック着、カタジュタ散策、ウルルサンセットツアーへ。

人によっては追加でBBQ+星空観光ツアーへ。

エアーズロック宿泊>

-------------------------------

2日目

早朝からサンライズツアーとウルルふもと巡り/登山ツアーへ

午前中には終了、荷造りして午後便で帰る。

-------------------------------

 

エアーズロック2泊

行くからには絶対登りたい!!!少しでも登れる可能性を上げたい!という人向け。

-------------------------------

1日目

エアーズロック着、カタジュタ散策、ウルルサンセットツアーへ。

人によっては追加でBBQ+星空観光ツアーへ。

エアーズロック宿泊>

-------------------------------

2日目

早朝からサンライズツアーとウルルふもと巡り/登山ツアーへ

午前中には終了。

午後はエアーズロックリゾート散策や、早朝からツアー参加で疲れているのでホテルでまったりなど。

エアーズロック宿泊>

-------------------------------

3日目

※2日目に登れなかった場合のみ

ウルル登山再挑戦ツアーへ

午前中には終了、午後の便で帰る

------------------------------

 

このオプショナルツアーですが、登れなかった場合、翌日無料でもう一度同じツアーに参加することができます。

ただし、あくまで登山禁止になっていた場合のみで、登山できる状態にも関わらず、ふもと巡りを選んだ場合は、翌日参加はできません。

 

また、翌日参加の場合、全く同じツアーに参加になるため、一度見たサンライズから参加が必須です。

朝早いし前日見たから、登山の部分から参加というのはできません。

更に、再挑戦ツアーでも登山禁止だった場合でも、途中で帰ることはできません。

前日参加したものと全く同じふもと巡りに再度流れで参加になります。

 

個人的にはこの行程、あまりおすすめしていませんが、多くのお客様は登りたいと言ってこの行程にされていました。

2日目に登れてしまったら、2日目の午後以降暇だし、どちらの日程も登れなかったら、3日目のツアーは面白くないし、個人的にはリスクが大きいかなあ・・といったところです。

 

エアーズロック2泊 キングスキャニオンも楽しむ行程

エアーズロックからキングスキャニオンに行くオプションを取り入れた行程です。

このオプションは1日かかるので、2泊必要になってきます。

-------------------------------

1日目

エアーズロック着、カタジュタ散策、ウルルサンセットツアーへ。

人によっては追加でBBQ+星空観光ツアーへ。

エアーズロック宿泊>

-------------------------------

2日目

終日キングスキャニオンツアーへ

エアーズロック宿泊>

-------------------------------

3日目

早朝からサンライズツアーとウルルふもと巡り/登山ツアーへ

午前中には終了、荷造りして午後便で帰る。

-------------------------------

これは私の一番お勧めの行程!

エアーズロックに登らずキングスキャニオンに登ればいいじゃない!という考え(笑)

そして登山が禁止になったあとは、この行程が主流になるんじゃないかなあと思っています。

 

エアーズロックに行く際、持って行った方がいいもの

  • スニーカー
  • リュック
  • 帽子
  • 長ズボン
  • 日焼け止め
  • 軍手
  • お水
  • タオル

季節によってはウルトラライトダウンなどの防寒具なども。

 

登山有無に関わらず、ゴツゴツしたところを歩くのでスニーカーは必須

また、このオプショナルツアー自体、長ズボン必須になっているので持って行く必要があります。

 

で、持って行ってなくて後悔したのがリュック・・!!!

私はこのmozのショルダーバッグで行ったんですよ。

そしたら、ツアー参加のときに、飲み物1L持ってくるように言われたんですね。

これがねえ、、かばんに入らないんですよ(笑)

 

しかもキングスキャニオンは2L!!

これにタオルやらポーチやらカメラやら、、ちっさい鞄じゃ絶対に入らないんです!!!

手に持つしかない状態になると、歩きにくいし、写真撮りにくいし、もう最悪・・・・・

 

友達の鞄も入らなかったので、二人で1個現地でリュック買って、順番交代で持ってました。(笑)

 

そしてエアーズロックリゾート内のスーパー、ヘロヘロの紙袋(有料)しかくれません。

有料でもプラスチックのレジ袋もらえなかったので、重いものを買うと紙袋が破れて悲惨なことに涙

 

そんな時のためにもリュック、もしくはでかい鞄は絶対にあったほうがいいです。

 

また、ツアー参加にお水持って行くのが必須で、お迎えに来た時に水を持ってるかチェックされます。

あっつい砂漠地帯なので、水必須。

私はキングスキャニオン(水2リットル必須)も参加したので、3日間で合計3リットル。

また、ツアー参加時以外でも朝晩やホテルに居る時に飲む水として3日間で2リットルくらい。

お水は貴重なのか、どのホテルもお部屋にペットボトルがあっても有料で、ホテルだと500mlで7~8ドルくらい(白目)

 

もともと物価が高いオーストラリアで、更にお水が高いエアーズロック

スーパーで買っても500mlで3~4ドル。

 

合計たぶん5リットルくらいで、水だけで3000円くらい使った気がします。

しかも5リットル、ヘロヘロの紙袋で運んだからもう死ぬかと思った。(笑)

 

なので、スーツケースに余裕があったら、、くらいで十分ですが、ミネラルウォーターを持って行くと少し節約になりますよ!!

 

 

軍手は、エアーズロック登る方のみ必須かな。

鎖を掴むの、結構手痛くなっちゃうみたいなので。

 

エアーズロックは登れなくても楽しいよ!!

 

結論、エアーズロックは登るのが全てじゃない!!

というかなんで日本では、エアーズロック=登る場所というイメージが付いてしまったんでしょうか?と心の底から思うくらい、実際に行ってみたら登山の印象が薄かったです。

 

登山禁止になったあとでも、ぜひ行ってみてくださいね。

 

 

★他のオーストラリアの記事一覧はこちらから

www.travelryo.com